〒270-0117
千葉県流山市大字北75 
豊島石材  


都心から車で1時間。首都圏最大規模の庭石卸販売店。
木曽石・鳥海石・新筑波石をはじめ
燈籠・手水鉢・つくばい・沓脱石など豊富に取り揃えております。
また日本三大銘石 佐渡赤玉石や珪化木などの
景石も多数展示しています。
お庭の設計・施工ご相談下さい。

携帯サイト用QRコード

豊島石材  日本の銘石    庭石卸販売 千葉県の石ころ屋さん    モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

 

今月のIKEBANA

IKEBANA作品UPしました。

豊島石材 山崎のIKEBANA(草月流)です。
何か伝われば嬉しいです。
花材:アンスリューム、南天
花材:チューリップ、トクサ
「花火」花材:菊(チスパ)、キウイつる

インフラ整備



【親水公園】

昭和後期から平成初期にかけて日本経済が目まぐるしく発展する中、各地に「水と親しむ」ことを目的とした親水公園が造られ始めた。

親水公園とは、治水のためにコンクリート護岸になってしまった川を、自然護岸あるいはそれに近い状態に戻して人々と川との垣根を低くする事で、川への親しみを取り戻し、地球環境や生物・人々の憩いの場として整備された公園である。

水は人間生活にとって必要不可欠な資源であると同時に、水害や土砂災害などの危険ももたらす。水の持つ危険性を制御しようとする試みが治水であるが、一方で水を資源として使用するための制御、つまり利水も必要となる。


群馬県産 三波石 大特価販売中

    
音無親水公園
「日本の都市公園100選」に選ばれ区民に親しまれている。

乾徳石(けんとく石)

さざれ巌、姿は静寂にして万華の相、
肌は乾徳山の深い色


乾徳石は、甲州恵林寺より西北乾(いぬい)の方、徳和郷に位置する乾徳山(2031m)山中より産出する安山岩系自然石です。

1330年、恵林寺を開山した名僧夢窓国師は修行の折、乾徳山を上下する際中腹より山頂のかけての自然石と岩壁に魅せられて、その名人芸をのばしたと言われています。恵林寺築庭の際も乾徳石を多数運ばせ好んで使用したと伝われています。



【乾徳石のふるさと】
「武田信玄」と恵林寺「快川国師」

戦国時代、全国に名を轟かせた甲斐国の名将武田信玄の菩提寺と定められていた乾徳山恵林寺。その大導師をつとめた快川国師は信玄参禅の師であり、信玄が戦国武将としての人間修養の上でも重要な役割を果した名僧でした。
1582年、織田信長の大軍に包囲、焼き打ちされ、全山ことごとく灰燼に帰した際、「安禅必ずしも山水を須いず、心頭滅却すれば火自から涼し」と唱えた事として知られている。

昭和天皇 武蔵野陵
当店で納めた乾徳石
壮大で圧倒される石による大建築。 四隅の乾徳石は10トン超級です。

2013.10.26(土) GRAND OPEN

“COMME CA  STAGE 銀座” 1階にて、
「和の空間」を造りました。
死角のスペースを有効利用した「創作坪庭」です。


日本人の美意識を世界に発信するには今が絶好のタイミングです。
「日本の文化・伝統美の追求」、「現代建築との調和 」。
凛 とした美しさ、たたずまいを創り上げ、日本人はもとより、世界の人々を感動させる店舗です。 
ディスプレイの随所に和を感じさせる仕掛けを散りばめ、内装も日本の文化を意識したデザインである。  
  
【コムサステージ銀座】
東京都中央区銀座4-3-1
 営業時間11:00‐20:00  

豊島石材の作品展示は終了しました。
OPEN当初にこのような機会を下さったFIVE FOXのスタッフの方々に感謝申し上げます。
また店舗のディスプレイを観に足を運んでいただいた方々ありがとうございました。



☆各店舗のショーウインドー ディスプレイ制作します。
創作坪庭等、「粋な空間」をお創りします。
  

担当:山崎まで  

     
「コムサステージ銀座」 東京都中央区銀座4-3-1 中央に十二単の衣装を優に展示。この作品があるから今後も頑張れる気がします。
雛壇の背後に作品が展示してあります。
茶の湯のスタイルを築き上げた「千利休」。400年後の進化した形を表現してみました。特大のインドネシア産 手水鉢を使用し、斬新なデザインとし、富士黒朴、インドネシア産の六方石でオブジェ風に演出。筧は豊島石材オリジナル。

美の執着


【井筒と枯山水の融合】

越谷市 H様邸    


「井筒と枯山水の融合」をテーマにアート風にアレンジ。井筒の蓋は青竹。流木を置いてます。施工:豊島石材
玄関ホール正面にハメ殺し窓がある素敵な建築。凛として美しくなりました。
外から1階バルコニーの眺め。小さな空間でも「和」を強調できます。
お問い合わせ